テンテンテンテン…15展 出展作品


展示会前に亡くなった愛犬ジャックを思って描きました。

 

闘病中、毎日ジャックに降り注いでいた見えない羽をテーマに、絵本仕立てで描きました。

 

下書きは鉛筆、水彩。PCに取り込んでレイアウトや色彩加工、出力後にアクリル、色鉛筆にて加筆した作品です。

 


時の羽

I am glad to see you… I love you



蔵の図書館 YOKAITEN 展示作品


展示前に蔵の図書館を視察に伺った時、蔵の裏山にある自然の中で見かけた椎茸の木や、虫たち、上に向かって背を伸ばす木々の音から、不思議な妖怪を作りました。

PCと水彩、水彩を使ったモノグラム作品です。




PARIS NEKO Collection2016入選作品展 展示作品


パリ会場へは1枚目、2枚目を展示。

日本会場では、3枚目を追加した3作品を展示。

真ん中の「HANA」は、PARIS NEKO Collection2016公募展に合わせて、加筆した作品になっています。

 

和紙の雲龍にジークレープリントをし、木製パネルに水張りしたものを制作。

 


キュンキュンキュンキュン・・・展 展示作品


我が家の猫「モフ」は、箱や袋、籠などに収まってくつろぐのが好きな猫です。

気がつけば、必ずなにかに収まって気持ちよさそうにしています。

 

狭い家の中の世界しか知らない 我が家の猫たちが、この家の中にある「もの」との出会いの中で、なにを感じ、なにを考えながら暮らしているのか。そしてそのくつろぎの場所に、どんな世界を描いているのか・・・

 

そんな彼らの夢の中の世界を妄想した作品集になっています。

 

今回も絵本仕立てのストーリーを組み立てましたので、見る人それぞれの感覚でセリフや情景をあてはめてご覧になっていただけたらと思います。

 

気持ちよさそうに眠る姿を見て、夢の中のモフは可愛らしくキュートなイメージで制作。さらに心地よさを強調するためにパステルカラーを使用しました。紙は肌触りのいいコットン紙を使用し、温かみのある雰囲気を強調しています。

 

我が家の動物たちが、この暮らしに幸せを感じていてほしい・・・という「私の思い」を形にしました。

 


amiNEKO展 1日個展in船橋Urban breeze 展示作品


今まで単発で描きあげていた作品を展示しました。

 


日本イラストレーター協会展 /    四街道市郷土作家展 展示作品


雲龍という和紙にジークレープリントをし、サイズをA2サイズまで大きくしたものを展示させていただきました。

最高級和紙に、ジークレープリントなので、色の発色がモニター上に引けを取らないレベルまで再現できました。

 

金魚と猫というイラストを和紙にプリントしているので、和室などにも似合う作品に仕上がりました。


NEKO-ISM 2015 入選作品 /     瀬戸招き猫まつり展示作品


東京目黒にあるギャラリー「やさしい予感」で行われたNEKO-ISM2015公募展では、テンテンテンテン展で制作した作品を応募。3作品応募した中の2作品が入選し、入選作品展にて優秀賞を受賞しました。

因州和紙を使用したA4サイズのイラストを展示していただきました。


イラステイナーズ東京・新潟巡回展 /    四街道市美術協会展 展示作品


コットンペーパーにプリントしたことで、発色が安定しました。

来場のお客様には、「金魚が柿に見えるね〜」など、自身では発見できなかった捉え方を耳にすることができました。


テンテンテンテン展 展示作品


 

捕食関係にある、猫と金魚の関係性をコミカルなイメージで制作しました。

 

生と死、この世とあの世、現実と妄想

内側と外側、見えるものと見えないもの・・・など

対局にあるものとの、境界線を描いたイラストです。

 

猫が何気なく水槽を見ている姿を見て、本当はその中にいる獲物と

心を通じあわせたいだけなのかもしれない。。。

ふと、宙を見つめる猫には、私たちには見えない

何かが見えているのかもしれない。。。

そんな妄想がキッカケでイメージを膨らませていきました。

 

 

使用した紙は、因州和紙。

コミカルなイラストに水彩風の手法で表現。

和の雰囲気を意識した作品になっています。 



ami hayashi ←click here!  Behance portfolio site

Illustrator,designer
ami atelier@surrey
www.ami-hayashi.com